読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どのくらいで届くか気になるほど!?ハイレゾの購入ならココのお店~!ヘッドフォンアンプ

今度はハイレゾ音質音源も聞いてみようと思います。音質も、とても良かったです。USBからオプティカル出力できる手頃なものを探していました。

5月3日 オススメ商品!

2017年05月03日 ランキング上位商品↑

ハイレゾ ヘッドフォンアンプUSB DAC ハイレゾ対応 ヘッドフォンアンプ

詳しくはこちら b y 楽 天

細かい設定をして自分好みのサウンドにするとPCから直で聴いていたら疲れるんだと再認識出来ました。表情豊かな音楽を楽しめるようになり満足です。手元にについて、すぐにセット。初めてのUSB-DACで初心者ですので音質とかは詳しくわかりませんが、使いやすく感じています。オーディオに無知の私ですが!充分満足しています。大きなボリュームがついてるのは良いですね。パソコンのOSをWindows10にアップグレードしたととたん!以前設定していたイコライザーが効かなくなったのか!PC直では!聞くに堪えない音になり元の7に戻そうと真剣に考えてました。。安いが評価が良かったのとボリュームの位置や見た目も気に入ったので購入しました。まず!PCのMBのスピーカー/イヤホン端子に繋いだ時と比べて!ホワイトノイズが大幅に軽減されました。ただ、付属の説明書は簡素すぎてあまり意味がありません。付属のイコライザ機能に関しては!高音/低音の強調具合は控えめでした。今までパソコンから直接ヘッドフォンを使ていた人に、ヘッドフォンと共にプレゼントしました。コンパクトで!簡単に接続できました。音を再生した時もよりクリアでノイズの少ない音質だと感じました。音量調整ダイヤルが思いのほか便利です。値段が安い割に、その使用した効果は絶大で、今後パソコン音楽は USB DAC 無しにはいられません。今はこのUSB DAC→アンプ内臓スピーカーという出力ですが次はスピーカーを少し良いものにしてUSB DAC→アンプ→スピーカーに変更予定です。DACを入れることによって雑音が少なくなり、大きな音量でも不快なく聴くことができます。Youtubeなどの動画視聴時の音量調節も楽になりました。実際にこちらのUSB DACを繋ぐと音がちゃんと変わったことが分かります。思った通りの音質でした。まだ試用しかしてませんがなかなか良さそうです自分の耳では文句ないレベルでした。しかしその場合は再生ソフトのイコライザで弄ればいいですし!この製品自体の問題ではないので!個人的に評価をマイナス方向に傾ける要素ではないと感じました。音の違いに感激しておりました。ところがこれを接続して一気に解決!前以上に迫力があるクリアな音で聴けるようになりました。値段以上ではあります。ただ音の迫力の向上を期待していまいたがその点での変化はなく!そこは値段的にこんなものだろうとアンプに繋ぎ使っています。接続すると自動的にHAM-UDAA2がデフォルト再生デバイスとして認識されるのは!初心者ユーザーの方にとってもメリットとなるでしょう。自分はハイレゾ音源を持っていないのですが満足していますし、ハイレゾ音源を扱う方にとってはよりコスパの高い製品になることでしょう。この価格帯で個体差が感じられない(品質が安定している)+ハイレゾ音源対応のDACというのはなかなかない製品だと思います。-20160331-0712554215値段のわりにしっかりした製品で、音質についても全く問題なしでした。もう手放せません。最初に購入した方の個体の簡易イコライザスイッチも劣化している印象はなく、保証期間が切れる前に故障を起こすことは想定し難いです。USB接続してすぐに音が出せて!音質も値段以上だと思います。2回目の購入となりますが個体差のようなものは確認できず!2つの同じデバイスで繋ぎ変えた場合もMB搭載のサウンドチップと!その設定による差と思われるものしか感じられないのは評価点の1つです。最初は不具合と思われる現象が起こったのですが!繋ぎ直したところ改善されたため!単なる接触不良だったのでしょう。PCモニターの音が貧弱すぎるので、スピーカーの購入は考えていたのですが、いろいろ調べている内に、この商品に辿り着きました。私は音に関しては初心者で詳しく語れるわけではありませんが、PC→スピーカーで聴いた音と、PC→DAC→スピーカーで聴いた音とでは、全然違って聴こえます。中音から高音がもう少し出ればいいのですが、低音が強調された感じです。ですので!ウーファーの低音がやたら目立つ場合に高音寄り設定にするだけでは調整が不足していると感じる方も多いでしょう。せめて各パーツやスイッチ!接続部の説明ぐらいはつけて欲しいです。ボリュームコントローラーの大きさや、出力端子の多さもすばらしいです。初期設定の入力/出力デバイスの選択もタスクバー上から簡単に行えるので!それほどPCの知識がない方でも大丈夫でしょう。